海外での日本語教育

海外でお住いのお母さんたち、特に、旦那さんが日本語を話せない場合、日本語教育はどうされてますか?

我が家では、娘が1歳のころからこどもチャレンジをとっているんですが・・・

いやぁ・・・しまじろう、すごいですね!

海外で住んでいて、家族の中で日本語を話すのが自分だけとなると、子供が触れられる語彙ってどうしても限られてしまう。子供って、家族の会話を横で聞きながら学ぶことも多いと思うんですが、私と旦那の会話は英語。じぃじ・ばぁばとスカイプするにも、時差があっていつも好きな時にというわけにはいかないし。iPadでYoutube見てたりもしますが、見すぎもどうかなぁと。

そうしたら・・・しまじろうに頼るしかないじゃないですか!!

私、ベネッセの回し者じゃありませんけど、他社の教材がどんなものかわかりませんけど、しまじろうは良いと思います。

DVDは毎月いろんなテーマが入ってるし、マナーもきちんと教えてるし、子供がはまるツボを押さえてる。

一番びっくりしたのが、はてなんだくんとおしゃべりえほん(これ↓)で本とか教材をピッと押すと、言葉を話すんです。テクノロジー、すごいですね!

でも、このこどもチャレンジ、ベネッセから送ってもらおうとなると、結構な送料なんです。 教材自体はお手頃価格だと思うんですが、送料が高い!!

で、我が家では、こうしてます。

娘の誕生日を3・4か月前に設定して登録。(私のようにいつに設定したか忘れると、本人確認ができなくなります・・・お気をつけて)

日本の実家に毎月教材が届けられる。

ばぁばの協力を得て、2か月分まとめてSAL便で送ってもらう。(ばぁば、大好きだよー)

2・3週間後にイギリスに届く。

これでだいぶ節約させてもらってます。

最近はひらがななんかも出てきて、ちょっとついていけてない感もありますが、もうしばらくお世話になろうと思います。

こどもチャレンジ↓
http://www2.shimajiro.co.jp/index_a.html

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
↓↓↓ ひとつだけでもぽちっとしてくださ~い。お願いしまーす。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村へ