妊娠を隠せないわけ

妊娠したことを周りの人に報告する時期って、人それぞれだと思うんですが、「安定期に入ってから」という方が多いように思えます。

私も、Ushi子の時は基本、「安定期に入ってから」友達や同僚に報告していました。

Ushi子の前に一度初期流産していて、前のように悲しい思いをすることがあるならば、できるだけ他の人とはその辛さを共有したくない、変に気を遣わせたくない、というのがあって。

だから、今回も、今の段階では、家族以外にはほとんど報告するつもりはありませんでした。

 

が!!!!

 

 

以前と大きく違うことがひとつ!

我が家には3歳児のUshi子がいる!!!!

 

妊娠がわかってすぐにUshi子にも嬉しく報告しましたよ。

「ママのお腹に赤ちゃんがいるんだよ」

「赤ちゃんいるの?」

「そうよ、Ushi子もお姉ちゃんになるんだよ」

「ほんと?うれしいなぁ」

 

そして、その翌週。

保育園にUshi子を迎えにいったら、おばさん先生がいつになく目を輝かせて話しかけてきましたよ。

「ちょっと聞いてもいいかしら?」

「え?なんでしょう?」

「もしかして、赤ちゃんできた??」

「え・・・・?!」

「Ushi子が、ママのお腹に赤ちゃんいるって昨日も今日もいうから、これは間違いないと思って。いやぁ、おめでとうございます。身体大切にしてね」

 

あーーーー!!!
Ushi子に口止めするの忘れてた!!!

というか、3歳に口止めできるんかぃ?!

ということで、保育園の先生方、仲良しでもなんでもないけれど、知られてしまうことになりました。

無事にお腹の赤ちゃん、育ってくれますように・・・・

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
↓↓↓ ひとつだけでもぽちっとしてくださ~い。お願いしまーす。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村へ

イギリスで妊娠発覚したら

まだ公表していないんですがね、私Capri子、お腹に第二子を授かりました!いぇ~い

まだイギリスでいうところの11週目(日本でいう10週目)で安定期に入っていないので、まだ公表するつもりはなかったのですが・・・・

いろいろとブログで書きたいことが次々と出てくるのと、

最近忘れっぽいのと、

赤ちゃんの心拍数が確認できて、かなりホッとしているのと、

あと色々あって、

ブログになら書いててもいいかな、という結論に。

なので、これからは、ちょこちょこと妊娠の記録も書いていこうと思います。
最近さぼりがちでしたが。。。

 

さてさて、私が妊娠したとわかったのが、1月21日。妊娠して1か月ちょっとたってから。

もうアラサーだし、そろそろ2人目をと頑張りだした矢先、なんだか胸が痛い・・・。生理前に胸が張ったりするあの感じが、1日2日じゃなく、数日続いてる・・・。これは何だか変だぞ?もしかして妊娠した???と思い、自宅でできる妊娠検査をしてみました。

おしっこひっかけて、一本線だったら妊娠してなく、二本線が出ると妊娠しているっていう。

ほら、見えます?うっすらとですが、二本目も出てるでしょ?

やったー!赤ちゃんできたー!と思い、助産婦さんとのアポを取ろうとかかりつけのお医者さん(GP)に早速電話しました。

 

「あの~、妊娠したっぽいので、助産婦さんに会いたいのですが・・・」

「今、何週目?」

「えっと、6週でしょうかね」

「じゃあ、ちょっと早いわね。10週にならないとアポは取れないのよ。あと数週してからまた電話して」がちゃん。

 

っええ~~~~???

Ushi子の時、こんなんだったっけ?

10週って、2か月半ですよ!

それまで、なんのチェックもないんですかい!

あれ?おめでとうって言われた???

 

妊娠10週まで診てもらえないって、ちょっとひどくないですか?

でも、そういう決まりなら待つしかないじゃないですか。

待ちましたよ。

でもね、気になってNHSのホームページ見てみました。

Contacting your midwife or GP

When you first learn that you’re pregnant, get in touch with a midwife or GP as soon as possible. Ideally this should be by 10 weeks of your pregnancy. Telling your GP and/or midwife promptly will help to make sure you receive maternity healthcare that takes into account all your health needs and preferences.

あれ?なんか微妙に言ってる事とやってる事、違いませんかー?

イギリス万歳!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
↓↓↓ ひとつだけでもぽちっとしてくださ~い。お願いしまーす。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村へ

鼻血と遺伝

先日、日本人のお友達と鼻血のことで話してたんです。

「いやぁ、うちの子、朝起きたら、時々ドバーーーーって出ててびっくりするわよ」

「うちの子、私が生理来るときなぜか必ず鼻血出すから、月1回は出てる」

と、5歳未満の子供たちの鼻血歴を聞いてたんですがね、

「うちのUshi子、まだ一度も鼻血出したことないよ」

と言って、驚かれました。

そして、さらに

「私も、鼻血なんて、子供の時以来出したことないから、かれこれ20年ほど出てないかな?」

と言ったら、もっと驚かれました。

鼻血って、そうそう出るものじゃないと思ってたんですが、そうでもないんですかね?

 

そして、昨日旦那に聞いてみました。

「こんな話を友達としてたんだけどね、あんた、最後に鼻血出したのっていつ?」

 

「え??鼻血???そんなの出たことない」

 

うっそーーーーーー!!!!

「え???昔出たでしょ?」

「いや、一回もない」

「絶対にあったって!」

「いや、そんな怖いことあったら絶対覚えてる。俺たちの鼻は強いんだ。
でも、Ushi子が鼻血出すようなことあったら、どうしていいかわからない….」

 

ですって。

 

鼻血生涯一度も出たことない人、この世にいたんですね!!!

今度、また友達と会った時にネタにさせてもらうわ♪ と旦那に伝えておきました。

Ushi子もこの先、きっと鼻血あまり出ないだろうな。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
↓↓↓ ひとつだけでもぽちっとしてくださ~い。お願いしまーす。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村へ