イギリスで出会った日本人のお友達

この前、友達と話していたときに、ふと

「私たち、日本で出会ってたら、多分友達になっていなかっただろうね」

と言われました。

「え~、なんでそんな悲しいこと言うのよ

と内心ちょっと傷ついたりしたんですが、その理由が

「日本だと、いろいろとママ友の間でもありそうじゃない。上下関係とか、年齢によって気を使わなきゃいけないとか。」

確かに、聞いたことがある。

イギリスにいる駐在の奥さんたちの間でも、旦那さんの職場での立場/ポジションが、奥さん友達の間でもそのまま反映されてるって。旦那さんの身分が職場で低ければ、奥さん友達の前では大きな顔はできないって。集まりに参加したくなくても、しなきゃ気まずいみたいな。

その場にいたメンバーは、30代前半、30代後半、40代前半。
年齢も趣味も出身地もバラバラ。

確かに、もし日本で出会っていても、10歳年上の人とため口で話し、気兼ねもなく遊ぶような間柄にはならなかったかもしれない。

私はイギリスの片田舎に住んでるので、出会える日本人というのがすごく限られている。

ロンドンへも行けば、日本語の会話が聞こえてくることもしばしばだが、私の住んでいるこの街ではそんなことはめったにない。

だからこそ、出会える日本人は貴重。

よっぽど気があわないってことがなければ、時々一緒にご飯食べたり、遊んだり、情報交換したり。Ushi子に日本語をもっと学んでほしいと思っている私にとっては、日本人親子で集まれる場は本当に大切だしありがたい。

昔から上下関係とか堅苦しいお付き合いが好きでない私は、そういうのが心地良い。

 

 

・・・私のつぶやきにお付き合いありがとうございます。今日は以上です。笑)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
↓↓↓ ひとつだけでもぽちっとしてくださ~い。お願いしまーす。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村へ