イギリスのありえない習慣

Facebookのグループで「ママスタ ~子育て・レシピ・ママ友・ママの悩み解決~」というのがあって、それをフォローしているのですが、こんな記事がありました。

正直やめてほしい! 旦那の実家で目撃した「ありえない習慣」(リンクはこちら

最後に記載されている「ありえない習慣」として

『リビングにカーテンがついていないこと。レースすらなし。外から丸見え。どうしてそうしているのか、未だに聞けていない』

というのがあったのですが、これ、まさにイギリスじゃ普通です。

私も最初に見たときびっくりしました。丸見えだし、丸見えなのに女性が窓の近くで着替えてるし。おっぱい見えてますよー。

生活の様子が垣間見えるの、気にならないんでしょうかねぇ。

我が家はもちろん、ブラインド、カーテン、してますけどね。

その他にも、なんで??というのがイギリスにあるので、いくつかご紹介します。

 

晴れていないのに、洗濯物を外に干す

雨が降っていようが、雪が降っていようが、構いません。外に干します。
昨日なんて、1日中曇りで、5度くらいしかないのに、ご近所さん、外にシーツ干してました。私の知らない何か特別な効果があるのかな。

 

雨が降ってても、傘をささない

さしませんねぇ、イギリス人。ものすごい雨が降ってても、さしません。
こんなに雨が多い国なのに、どうして傘を携帯しないのでしょう?面倒くさがり??

 

季節感がない

日本ではよく母親に「もうちょっと季節感を考えて、着るもの選んだら?」と注意されましたが、その言葉、イギリスじゃ通用しません。日本のように、はっきりした四季がないこの国イギリスでは、急に温かくなったり、急に寒くなったり。冬なのに、ちょっと温かくなったからと急に薄着になったり、夏なのにコート着てたりする季節感のない人を見ること、よくあります。

 

夏の露出度

イギリスでは夏、とっても暑くなっても30度くらい。クーラーがなくても過ごせるので、イギリスの夏は快適で大好き。お日様がカンカンと照りだすと、待ってましたとばかりにみんなが外に出て、散歩したり庭でバーベキューしたり。すると、よく道端で見かけるのが、上半身裸の男性。素敵な身体ならいいですよ、見てる側としては。よ、よだれが・・・・。   でも時々、お腹ポンポンの太っちょなおじさんでも、上半身裸ですからね。どんな体形であれ、恥ずかしいとかないんでしょうかね。

 

靴のまま、家に入る

日本のような玄関がないイギリス。家の中で、靴を履いたまま過ごす人も。中には、汚れるのが嫌で「くつ、脱いでね」とリクエストする家庭もあるけれど、カーペットだろうがお構いなしにくつで過ごす人も多々。汚くなるっていうのも気になるけど、何より足が疲れないんだろうか??

 

食器洗い、泡を流さない

イギリスの家庭でホームステイした時、これには驚きました。台所のシンクにお湯をはって、まずはそこに洗剤を入れるんです。そして、その中に汚いお皿やコップ、お鍋を順々に入れていって、ゴシゴシ洗い、泡がついたまま布巾で拭いて終了。
どうして、泡を流さない?今でもこの習慣だけは真似したくありません。

 

熱が出たら、薄着して冷やす

これはイギリス?それともインド?わからないけれど、我が家では熱が出ると、「あったかくして寝る」でなく「薄着して、身体を覚ます」ように旦那が言ってきます。旦那の両親はお医者さん。同じように薄着して熱を下げてます。寒いのに~

 

どうです?イギリス素敵でしょ♪

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
↓↓↓ ひとつだけでもぽちっとしてくださ~い。お願いしまーす。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村へ