[28w1d] あ、足が・・・

イギリスでいうところの妊娠28週目を迎えたCapri子です。
タイトルに[28w1d]=28週と1日と入れてみました。
他の妊婦さんのブログで見つけて、これいいな、と思って。

お腹の赤ちゃん、Ushi子のときより更に動く動く!
ちょっと静かにしてて・・・って思うくらい動き続けるときも。
きっとやんちゃな男の子なんだろうなぁ・・・。

あ、今もお腹蹴られた・・・。

ところで、最近、夜中に何度か起きてしまいます。今日もそのせいで早起きです。

なにがって・・・

足がつるんです。

い・・・・痛い・・・・

夜中に叫ぶこともできず、ひたすら足を伸ばしてみたり縮めてみたり・・・。

最近は毎晩のように足がつる!

あまりにも頻度が高いのでググってみたら、あら、妊娠後期に足がつる(=こむら返り)ことって普通のようですね。

足がつる原因としては、

  • 血行不足
  • ミネラル不足
  • 骨盤の歪み

だそうです。

予防法としては、

  • ウォーキングやストレッチなど軽い運動をして血行をよくする。水分もよくとって、無理しない程度に!
  • カルシウム・マグネシウムを多く含む食材をとってミネラル補給。カルシウムは乳製品、魚、パセリなどに多く含まれ、マグネシウムは豆類、藻類、種実類や魚介類に多く含まれるそうです。大豆だ、大豆!でも、妊娠中食べないほうがいい魚(マグロなどの大きな魚)もあるので、気をつけて。
  • 妊娠中から使える骨盤ベルトを使う。
    夜は:
  • 寝る前に温かいお風呂に入る。
  • 寝るとき、足の下に枕などを置いて、足を少し上げて寝る。

だそうです。

私も実践してみようっと。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
↓↓↓ ひとつだけでもぽちっとしてくださ~い。お願いしまーす。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村へ

子供を持つことの意味

うちの旦那、時々子育てに疲れたりキレたりすると、「なんで子供を作ろうなんて世の中の人は思うんだ。何がよくて子供を作ったりするんだ’」って嘆きます。

作ったのは紛れもなく自分だけど、結婚して10年はふたりの生活をエンジョイし、私の歳を考えてそろそろ作らないとやばいか、と子作りした私達。周りの40歳すぎた友人からも、「早く作っておかないと、ほしい時にできなくなるわよ」とアドバイスを数々いただき・・・子供を持つことに憧れていたわけでもなく、単に歳のことを考えて、子作りしたっていうのが自分達の本当のところ。

そんなドライな私達。

私も旦那も今となってはUshi子を溺愛してるけど、子育てでストレスが極度にたまると、大人だけの、静かな、何もじゃまされない自分達の時間が恋しくなるんです。

こんな話を日本人の友達としていたら、

「あ、つい先日ね、どうして子供を作るのかについて、私の旦那がなるほどねって思うことを言ったの」

え?なんですと?!

「あのね、去年旦那のお母さんが亡くなったじゃない?その時、もちろん旦那も悲しんではいたけれど、自分の子供がいるからいつまでもメソメソしていられない、これからも頑張っていかなきゃって気持ちは前向きになれたのよ。でも、独身の旦那の妹さんは半年たった今でもお母さんの死をひきづっていて、辛いみたいなの。その時旦那はこれが子供や家族を持つことの意味なのかな・・・って思ったって」

私の両親も、旦那の両親も、ありがたいことに今まだ元気に暮らしているからそういう風に考えたことがなかったけれど、その話がストーンと頭に落ちてったというか。旦那にも話をしたら、なるほどね・・・・とちょっと納得。

子育ては正直たいへん!

でも、そこから得られていることも数々あるのかな、と思った瞬間でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
↓↓↓ ひとつだけでもぽちっとしてくださ~い。お願いしまーす。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村へ

イギリスで妊娠期間中、得すること

イギリスに住んでかれこれ15年になるんですが、住めば都なところもあれば、未だに日本を懐かしく恋しく思うこともあります。

Ushi子はイギリスで生まれて、2人目は日本で生みたい・・・・日本の病院の豪華なご馳走を体験してみたい・・・と夢見たりしたんですが、

  • お金がかかる。イギリスは無料だからなぁ。
  • 生む直前に飛行機乗れないでしょ。そうなると何ヶ月いくことになる?
  • 日本に行っている間、家族もビジネスもどうすんだって話。
  • イギリスと日本で帝王切開になった2児のお母さん、縦、横とお腹が十字に切られておへそが曲がってしまったらしい。う~ん、それは嫌かも。

てなわけで、今回も無難にイギリスで出産することに決めました。

日本で妊婦生活を送ったことのない私なので、比較は正直できませんが、イギリスで妊娠している間に、「これはありがたい!」と思ったことがいくつかあるので紹介します。

医療が無料・処方箋が無料

かかりつけのお医者さん(GP)にかかるのは、妊娠していなくても無料なのですが、お薬はお金を払うのが普通。でも、妊娠すると、処方されたお薬までもが無料になります。しかも、妊娠中+子供の出産予定日から1年間と、合計2年弱も無料で受けられます。ありがたや~

歯医者も無料

お医者さんだけでなく、歯の治療までが無料に!先日定期健診に行ってきたんですが、お金も払わずさようなら~で、ちょっとニヤけてしまいました。ありがたや~

医療の詳しいことはNHSのウェブサイトにものっています→ こちら

周りが優しい

お腹が大きくなるにつれて、周りも自分が妊娠していることに自然と気づき始めてきます。人ごみの中へ行くのも出かけるのも億劫になってきたのであまり機会はないのですが(もっと動けよって渇が入りそうです)、バスや電車に乗ると、必ず席を譲ってくれる。席を譲る行為がこちらでは普通で、時々ふたりから同時に席を譲られることも。ありがたや~

職場の理解

雇われていたときにUshi子を産んで、産休+有給で1年2ヶ月ほど休みをもらったんですが、妊娠を公表したときも、具合が悪くてお休みもらったときも、夜勤が辛くてシフトを少し変えてもらったときも、産休でお休みをもらってからも、いつも周りは優しかった。子供を産んで、個人の理由で会社をやめる人はいても、会社からの圧力とか精神的負担が理由でやめていく人は見たことがありません。もちろん仕事をしているんだから、周りに甘えてばかりはいられませんが、職場の理解がある環境で働けるのはありがたいと思いました。得すること・・・とはちょっと違うかもしれないけど。

 

そんなかんじでしょうか。
嬉しいこともあれば、特に妊娠中は身体と頭がスローすぎて自分にイライラすることも多い私ですが、周りへの感謝の心は忘れずに暮らしていこうと思います。

ハッピーマタニティーライフ♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
↓↓↓ ひとつだけでもぽちっとしてくださ~い。お願いしまーす。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村へ